読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナセバナル

やりたいことリストを元に、日々のあれこれを書いていくブログ。

野望の会×逆算手帳コラボセミナーに行ってきました

セミナー・学び

皆さんこんにちは。

つきまるです。

 

去った12/10(土)に野望の会というセミナーに行ってきました。

ネットでコーチングについて調べていたら、たまたま辿り着いたこのセミナー。逆算手帳ともコラボしてるし、手帳術も学べるなんてお得!!自己理解も進むといいな!

という気持ちで挑んだのですが、とてもためになりました。

 

野望の会では、

1.発表者がの野望をグループメンバーに語る。

2.グループメンバーはそれを全力で聞く。

3.印象・感じたことを、語彙が書かれたカードを使いながら発表者にフィードバックする。

4.発表者が、グループメンバーからのフィードバックに対する感想を言う。

という流れでワークを行いました。

f:id:Ryukyudormouse:20161212004651j:image

私の語った野望は

『相手に自信を与えられる人になりたい』 

というもの。

それに対してグループメンバーが選んでくれたカードがこちら。

f:id:Ryukyudormouse:20161212004836j:image

まず感じたのは、数年前体験した、ジョハリの窓に似ているなということ。

当時は、自分ってこう見られてるんだ!知らなかった!と新鮮な気付きが沢山ありましたが、今回の野望の会ではそんなに無かったかなぁというのが正直な感想。

私が思っている自分像と、周囲が私に対して感じてる像が一致してきている、というよりは

周囲からこう見られている事を私は知ってる。

という感じ。ジョハリの窓で言う解放の窓が広がってきて、自己理解が進んでいるのでしょうかこれって?微妙に違う??(誰か解説してほしい!)

あ、でも『丁寧』って言葉が出て来たのは驚きでした。些細なことでも丁寧に扱いたいという感じがすると伝えていただきました。

そうなのかな私??

 

そして、最後にグループメンバーから送られたカードがこちら。

f:id:Ryukyudormouse:20161212010311j:image

めっちゃ意識高い人だこれ。

この言葉に恥じないように頑張らねば!と少し気負ってしまいそう。

 

講師の大下さん曰く。野望は語ることが大切だということです。

明文化する事で自分でも再認識できますしね。やりたいことは引き続き周囲の人にアピールしていきたいなと思います。

 

逆算手帳についてはまた次の記事で書きたいと思います!